FX/BO(バイナリーオプション)、相場の基本を理解しよう

moon FX/BO

相場で生き残るための知恵 自分を知る

曜日によって、トレード目標を変えるべき理由

更新日:

日単位や週単位、月単位でトレード目標を立てている方は、多いのでは?

今回は、日・週単位での目標を、曜日によって変えるべき理由を解説していきます。

 

 

トレードスタイルに合う曜日や時間帯を知る

FXでもBOでも、自分のトレードスタイルがあると思います。

トレードスタイルがトレンド順張りであれば、トレンドがある状態でトレードを行い、レンジ逆張りであれば、レンジがある状態でトレードします。

 

通貨やトレード時間帯、曜日によって、レンジやトレンドなど、一定の相場の動きがある場合、高い利益率や勝率という形で過去検証結果に表れます。

利益率や勝率が高い傾向があれば、それがトレードスタイルに合う曜日や時間帯です。

 

時間帯によるレンジ、トレンド傾向がある時間帯については、別記事に書いています。

未読の方は、参考にしてくださいね。

 

曜日によって、目標を変えるべき理由

目標を変えるのは、以下の理由があるためです。

  • 過去検証の結果
  • メンタル
  • 体調
  • 相場の特性

 

過去検証の結果

数字として、利益率や勝率に曜日や時間の影響があれば、以下の対応をすべきでしょう。

  • 利益率、勝率が高い曜日や時間にトレードをし、目標を上げる
  • 低い曜日や時間はトレードをしない、または目標を下げる

 

メンタル

月曜日はブルーマンデーでやる気が出ない方は、月曜日はトレードをしない、または目標を下げるべきです。

やる気が出ないということは、集中力が散漫になり、チャートをしっかり見てトレードプランを立てることが難しい状態です。

「なんとなく」、「上がるだろう」、「下がるだろう」でトレードし、資金をマイナスにする可能性が高くなります。

資金をマイナスにするより、トレードしないことで、資金を守る方が遥かに大事です。

 

逆に、週初めでやる気があるが、空回りしてポジポジ病になり、利益率や勝率が低下するという場合、トレード回数を制限するなどして、目標を下げた方が良いでしょう。

 

土日に先週のトレードを振り返って、良かった点・悪かった点から対応を考え、検証の結果も良いという方は、トレードの結果次第では目標を上げても良いでしょう。

先週の反省をもとに、ルールを守ったトレードをすれば、利益を積める可能性が高くなります。

もちろん相場の動きによっては負けることもあります。

しかし、実際にトレードしてみて、良い結果が出ているのであれば、トータルで見ればプラスになりやすいでしょう。

 

週の前半で利益を積んでいる場合、週後半に

  • 資金に余裕があるからと、根拠の薄いトレードをしてしまう
  • 勝っていると調子にのり、ロットを上げて資金を失うコツコツドカン

こういう経験がある方は、週後半は目標を下げるべきです。

そうすることで根拠の薄いトレードをしたり、ロットを上げて週前半の利益を失うことが防げます。

 

体調

土日にリフレッシュしても、平日の仕事で疲労が溜まるという方は、週後半の目標を下げるべきです。

疲労は蓄積されるということは、週前半より、後半の方がパフォーマンスが落ちる可能性が高いと言えます。

体力や思考力が低下している状態でトレードをしても良い結果は出ません。

それよりは、体調を整える方が有意義です。

 

相場の特性

月曜午前は窓埋めトレードの影響を避けるため、トレードしないのであれば、月曜日の目標を下げるべきです。

終日トレードする場合と比べて、トレード時間が減るのに、他の曜日と同じ目標にすると、無理なトレードをしがちです。

 

窓埋めトレードについては、別記事があります。

未読の方は、参考にしてください。

 

 

第一週目の金曜夜は、アメリカの雇用統計が発表されます。

トレードをしないのであれば、そちらも同様に目標を下げるべきです。

 

また、ゴトー日も仲値トレードを避けるため、トレードしないのであれば、同様に目標を下げるべきです。

 

最後に

自分に合う項目はありましたか?

この記事で挙げている内容は、一例です。

土日休みではなく、週半ばに休みがある場合は、また違ってくるでしょう。

自分の生活スタイルやメンタル、体調、トレードスタイルに沿って、自分に必要なことを考えてみてください。

 

常に、同じ目標を達成しようとするのは、難しいことです。

トレードは、他人との戦いではなく、自分との闘いです。

個人投資家は金融機関のトレーダーのように、毎日トレードをする必要はありません。

自分のトレードスタイルに合う相場だけを選んでトレードをすれば良いのです。

 

目標が達成できなかったからと、次の日に持ち越す必要はありません。

その日に合わせた目標なので、持ち越した分の目標も達成しようとなると、根拠の薄いトレードを行いがちです。

 

病気や残業続きで疲労したり、悲しみや怒りなど、メンタルに大きな負荷があった場合も、トレードを避けるべきです。

心身が整っていない状態でトレードをすると、冷静なトレードができず資金を失いがち。

資金を守ることに注力すれば、利益を増やすことができます。

焦る必要はないのです。

 

もし、負け続けて資金を失っているのであれば、トレードを一時中断してください。

負けた理由を把握し、改善を図っても負け続けるということは、以下の可能性があります。

  • 負けた原因を改善できていない
  • 理由が間違っている
  • 相場が合ってない
  • メンタルや体調に問題がある

負け続けているということは、トレードをしても資金を失う可能性が高いです。

トレードする時間を、現状把握と改善に使う方が有効です。

 

相場で生き残るためには、自分を知ることが大事です。

自分に合った目標を決めて、実践してみてください。

カテゴリー

Copyright© moon FX/BO , 2018 All Rights Reserved.