FX/BO(バイナリーオプション)、相場の基本を理解しよう

moon FX/BO

FXを知る 相場を知る

誰でも分かるトレンドの終わりを見つける方法

投稿日:

前回、トレンドの定義を書きました。

トレンドがある場合、トレンド方向にトレードするのが鉄則ですが、いつかはトレンドも終わります。

今回はトレンドの終わりについて、解説したいと思います。

 

 

トレンドの終わりとは

その前に、トレンドの定義を復習しましょう。

上昇トレンド

高値/安値を切り上げている状態

=買いが売りを上回っている状態

 

下落トレンド

高値/安値を切り下げている状態

=売りが買いを上回っている状態

トレンドの終わりとは、この定義を外れる事です。

 

具体的に言うと、

上昇トレンドの終わり

高値が更新されず、押し目となる安値を下回る

赤線が高値を、青線が押し目の安値を示します。

そうすると、緑の○の時点でトレンドの終わりが確定したと言えますね。

 

下落トレンドの終わり

安値が更新されず、戻り高値を上に抜ける

赤線が安値を、青線が戻り高値を示します。

緑の○の時点でトレンドの終わりが確定です。

 

高値/安値の更新を重視する理由

上昇トレンドで、「高値を更新しない/押し目となる安値を価格が下抜ける」ということは、「相場から買いの勢力が抜けている/売りが買いを上回りだした」ことを意味します。

トレンド初期に買いポジションを持ったトレーダーが利確すると、買いの勢いは弱まりますよね。

また、価格が上がり過ぎていると逆張りの売りを仕掛けるトレーダーもいます。

そうなると、買いよりも売りが優勢となり、高値が更新できず、押し目を下抜けてしまうのです。

下落トレンドも同様です。

 

トレンドの継続条件を満たさなくなった場合、

高値/安値を切り上げない=相場から買いの勢いが失われている

高値/安値を切り下げない=相場から売りの勢いが失われている

と考えて、様子をみることをおすすめします。

 

チャートで見るトレンドの終わり

では、具体的にチャートで見てみましょう。

GBP/JPY(ポンド円)4時間足

トレンドは、どこからどこまででしょう?

またトレンドの終わりはどこか、考えてみて下さい。

 

自分なりのトレンドとトレンドの終わりが見えましたか?

では、分かりやすいように高値/安値に○をつけていきましょう。

ピンク色の○が安値、水色の○が高値です。

青色の水平線140.600)を上に抜けて以降、上昇トレンドが発生していますね。

 

次に、トレンドの終わりを見てみましょう。

赤色の○では、直前のピンクの○の押し目を下に抜けています。

また、緑色の○は直前の水色の○よりも下にあり、高値が更新できていません。

トレンドの定義が満たされていないので、緑の○以降は上昇トレンドでないと言えます。

実際に、それ以降は茶色の水平線をサポート/レジスタンスとしたレンジになっています。

 

最後に

トレンドの状態(初期~終盤)を理解することで、相場の流れが分かるようになります。

順張りトレードをするのであれば、トレンドの流れに乗るべきです。

また、逆張りトレードをするのであれば、トレンドが発生していない通貨でトレードするという選択ができます。

 

チャートの中から、トレンドの有無を見つけるだけでも、トレードすべきかどうかの判断ができます。

トレンドを利用したトレードをするのであれば、どの方向にトレードをすべきかも把握できます。

さらに、トレンドの終わりを見つけられるようになると、天井での高値掴み、大底での安値掴みを避けることができます。

 

資金を相場に晒すリスクをとってトレードするのであれば、相場の状態をしっかりと把握した上でトレードすべきです。

ぜひ、トレンドを見つけられるようになってくださいね。

カテゴリー

Copyright© moon FX/BO , 2018 All Rights Reserved.