FX/BO(バイナリーオプション)、相場の基本を理解しよう

moon FX/BO

取引結果 BO

2019年8月30日 BO取引

投稿日:

今日は、レンジ相場の通貨が多かったので、鉄板のレンジ上限、下限での逆張り取引となりました。

もともと、FXでは逆張りスキャルピング派なのと、レンジでの取引は反発するところが分かりやすいので、安心ですね。

 

 

AUD/NZD HIGH取引

AUD/NZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル) 15分足/5分足

5分、15分ともにレンジ中。

15分足のレジスタンスラインとサポートラインに水平線を引く(ピンク色の水平線)。

レジスタンスライン(ピンク色の水平線)と5分足の-2σ、15分足の-1σ合致したところで、ローソク足の実体が抜けれず、下ヒゲとなって確定。

15分足のサポートラインで買いの勢力が入ったので、次足の始値でHighエントリー(赤色の⇧)。

判定時刻は、赤色のレがついているローソク足。

取引時間 18:15~18:19

 

トレードすべき「レンジの定義」

相場には、以下の三つの状態があると紹介したことがあります。 テクニカル勢力が支配している相場 ファンダメンタルズ勢力が支配している相場 テクニカル勢力、ファンダメンタルズ勢力ともに、撤退している相場 ...

続きを見る

 

EUR/JPY HIGH取引

EUR/JPY(ユーロ/円) 5分足/1分足

5分の下落トレンドが収束し、レンジとなっていた。

直近の下落にFib(フィボナッチ)を引く。

Fib 23.6(青色の水平線)と5分足の意識ライン(ピンク色の水平線)が同じ価格帯となり、5分足の意識ラインで価格が反発上昇している。

5分足の意識ライン(ピンク色の水平線)に価格が到達したところで、Highエントリー(赤色の⇧)。

判定時刻は、赤色のレがついているローソク足。

取引時間 18:35~18:39

 

1分足も5分足もMAが下向きで、ボリンジャーバンドの-2σに価格が到達していないので、一旦下がる可能性を考慮し、判定時刻を長くするべきでした。

最近はトレンド相場での取引が多く、久しぶりにレンジでの逆張り取引のため、感覚に狂いがあると感じたので、以降のトレードはしないと決めました。

勝ちはしましたが、反省の残るトレードとなってしまいました。

誰でも引ける サポートライン/レジスタンスライン

サポートラインやレジスタンスラインを利用した逆張りトレードは、非常に有効です。 今回は、サポートライン/レジスタンスラインの引き方や有効な理由、具体的なトレード方法について、実際のチャートを用いて解説 ...

続きを見る

 

最後に

今日は、「18:00 EU 8月 消費者物価指数」の発表がありました。

事前の予測では、相場への影響が大きい経済指標とのことでしたが、相場の動きを見ると影響がなかったので、EURも取引対象通貨としました。

基本は、相場への影響が大きい経済指標の発表前後は、スキャルピングやBO取引は避けるべきですが、綺麗なレンジだったので。

 

経済指標と関連する通貨を把握することで、負けるトレードを避けることができます。

チャートを見る前に、経済指標の発表時間と影響度を見る癖をつけると良いですよ。

また指標と関連する通貨も理解しておくと、トレードする通貨の選択ができます。

テクニカルでトレードされる方でも、関係ないと考えるのではなく、知識として持っておくと良いでしょう。

経済指標って、大事なの?

トレードをする際に、経済指標を意識されている方は多いと思います。 私は、テクニカル重視のスキャルピングトレードを行うため、経済指標は毎回確認し、関連する通貨や相場への影響度などを考慮して、トレードをす ...

続きを見る

カテゴリー

Copyright© moon FX/BO , 2019 All Rights Reserved.