FX/BO(バイナリーオプション)、相場の基本を理解しよう

moon FX/BO

FXを知る 相場で生き残るための知恵

リスクリワードと必要な勝率の関係性を知ろう

投稿日:

FXは、ペイアウト率が決まっているBO(バイナリーオプション)と違い、リスクリワードレシオ(BOのペイアウト率に相当する)は任意です。

FXにおいて、利益を大きくするためには、2通りの方法があります。

  1. 勝率を高くする
  2. リスクリワードレシオを高くする

 

「損小利大」という言葉があるように、リスクリワードレシオを高くすることは重要です。

今回は、FXにおいて非常に大事なリスクリワードレシオと勝率に関して、説明します。

 

リスクリワードレシオとは?

リスクリワードレシオは、RRレシオやリスリワ、ペイオフレシオとも言われます。

考え方は、エントリーした価格から利確までのpips(リワード)を、損切りまでのpips(リスク)で割った数値となります。

 

計算式は、以下のようになります。

リスクリワードレシオ=利確pips÷損失pips

 

エントリーした価格から損切りまでの値幅が10pips、利確まで20pipsあれば、

20÷10=2

となります。

 

損益分岐点と勝率・リスクリワードレシオの関係

損益分岐点とは、利益と損失がプラスマイナス0となることを言います。

リスクリワードレシオから見た損益分岐点を超える勝率を、以下の表に示しています。

RRレシオ勝率(%)
0.2581
0.567
0.7558
151
1.541
234
2.529
326
3.523
421
4.529
517
5.526
615


表に記載した勝率は、利益を出すための必要最低勝率ですので、高いことが望ましいです。

 

リスクリワードが低い場合、勝率が高くないと、トータルでの利益がなくなります。

エントリーする前に、損切り、利確のポイントを考え、リスクリワードレシオを計算してから、トレードをしましょう。

 

リスクリワードレシオの目安

表から、リスクリワードレシオが低いと高い勝率が必要となることが分かると思います。

そのため、リスクリワードレシオは「2以上」で、トレードすることをおすすめします。

リスクリワードレシオが「2以上」であれば、1回利確すると、2回損切りをしても、資金的にはほぼ±0です。

1回損切りしても、利益が残っているので、損切りを躊躇し、ポジションを塩漬けすることがなくなります。

 

リスクリワードレシオが「1以下」であれば、1回損切りすると、1回以上利確しないと利益とならないため、精神的に負担が大きくなります。

最悪の場合、損失を確定させたたくないからと、逆指値をずらしたり、設定しないで、コツコツドカンで資金を失い、退場となる可能性もあります。

 

最後に

自分のトレードスタイルや過去検証から、どのくらいのリスクリワードレシオがあり、勝率があるのかを把握することができます。

もし、リスクリワードレシオと勝率が損益分岐点以下であれば、そのトレードスタイルは採用しない方が良いでしょう。

 

人によってトレードスタイルや性格は様々です。

  • 勝率が低いので、リスクリワードレシオが「2以下」の時は、トレードしない
  • 過去検証から、リスクリワードレシオが「0.8」だが、勝率90%あり、確実に損切りができ、メンタル崩壊もないので、トレードする

自分なりのルールをもって、トレードしていきましょう。

 

リスクリワードレシオは、トレードする前に想定できます。

利益率を得られるリスクリワードレシオと勝率の関係を把握し、相場で生き残ることを意識してくださいね。

カテゴリー

Copyright© moon FX/BO , 2019 All Rights Reserved.