FX/BO(バイナリーオプション)、相場の基本を理解しよう

moon FX/BO

取引結果 FX

000ラインを利用した押し目買いトレード

投稿日:

上昇トレンド中の「000ライン」を利用した押し目買いトレードの解説をします。

 

 

000ラインとは?

通貨の末尾が、「000」や「500」のようにキリのよい数字に引く水平線のことを言います。

キリが良いというだけでなく、相場でも意識されやすい価格となります。

 

意識されやすい理由などは、以下の記事を読んでみてください。

000ライン、500ラインって、何?

2018年5月3日のFXトレードで、利確の目安に500ラインを利用しました。   000ライン、500ラインは、私のトレードでは意識ライン(水平線)として利用することが多いです。 その話を、 ...

続きを見る

 

000ラインを根拠にトレードした理由

000ラインは相場で意識されやすいですが、今回トレードの根拠にした理由は、それだけではありません。

下のチャートを見てください。

 

NZD/JPY(ニュージーランドドル/円) 1時間足

赤色の⇧の1本前のローソク足が、直近の最高値である緑色の水平線(76.000)を上に抜けています。

最高値を上に抜けたことで、上昇トレンドの勢いがあると考えられます。

そのため、レジスタンスラインであった緑色の水平線(76.000)がレジサポ転換し、サポートラインとなる可能性がありました。

 

実際のトレード

NZD/JPY(ニュージーランドドル/円) 5分足/1分足

上側が5分足、下側が1分足チャートです。

 

エントリー(赤⇧):緑色の水平線と1分足のボリンジャーバンド-2σ、5分足のボリンジャーバンド+1σ合致

損切り:5分足のMA下抜け

利確(赤✔):1時間足のボリンジャーバンド+2σ(ピンク色の水平線

損切り6pips、利確17pips

リスクリワード 1:2.8

 

5分足チャートを見ると、綺麗な上昇トレンドとなっています。

直近の最高値と000ラインである緑色の水平線(76.000)を上に抜けた後、価格が下げてきました。

5分足の+1σがサポートとなって、バンドウォークしていたので、5分足の+1σ、緑色の水平線、1分足の+2σが合致したところで、押し目買いエントリー。

レジスタンスラインであった緑色の水平線がレジサポ転換し、サポートラインとなって、価格が反発上昇。

5分足の+1σでバンドウォークし、上昇トレンド継続となり、利確。

 

最後に

000ラインで価格が必ず反発する訳ではありません。

しかし、今回のように直近の最高値が000ラインとなっていた場合、意識される根拠が複数あります。

そのため、上昇トレンド中に最高値を更新した後は、絶好の押し目買いポイントとなりました。

 

多くの相場参加者が意識するポイントを見つけることで、相場の動きやすい方向やタイミングが見えてきます。

優位性のあるトレードをするためにも、意識されやすい場面を見つけれるようにしてくださいね。

カテゴリー

Copyright© moon FX/BO , 2019 All Rights Reserved.