FX/BO(バイナリーオプション)、相場の基本を理解しよう

moon FX/BO

自分を知る

順張りトレード、逆張りトレード、向いてるのはどっち?

投稿日:

トレードスタイルの一つに、順張りと逆張りがあります。

日本の個人投資家は逆張り、欧米の投資家は順張りを好む方が多いそうです。

その理由や順張りトレード、逆張りトレードに合う時間帯や相場について解説したいのですが、全て書くと長くなるため、分割して書きたいと思います。

今回は順張りと逆張りの基礎、どちらの取引スタイルが向いているのかをお話しします。

 

 

順張りの特徴

順張りとは、トレンド発生中にトレンド方向と同じポジションを持つことです。

下落トレンド中であれば、売りポジション、上昇トレンド中であれば、買いポジションを持ちます。

トレンド初期にエントリーできれば、大きな利益が期待できるトレードスタイルです。

逆に、トレンド終盤にエントリーすると、天井で高値掴みをしたり、底で安値掴みをしてしまい、損失となることもあります。

 

上のチャートを見ると、82.7の水平線をブレイクした後、緩やかな上昇トレンドとなっています。

ブレイク後のトレンド初期()に買いエントリーすると、利益が伸ばせますね。

 

逆張りの特徴

逆張りとは、トレンドとは反対のポジションを持つ取引スタイルです。

上昇トレンド中であれば、売りポジション、下落トレンド中であれば、買いポジションを持ちます。

トレンド終盤の天井や底でエントリーできれば、大きな利益が期待できます。

逆に、トレンド初期にエントリーすると、損失となることもあります。

レンジ上限で売りポジション、レンジ下限で買いポジションを持つのも、順張りにはない特徴です。

 

上のチャートを見ると、週足(左側のチャート)のレンジ上限84.450が、4時間足(右側のチャート)の上昇トレンドの天井()となり、下落に転じています。

84.450で逆張りをすれば、リスクリワードの高いトレードができますね。

 

順張りと逆張り思考の違い

どの項目があてはまるか、確認してみてください。

  1. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する
  2. 行き過ぎた過熱相場では、押し/戻しがある
  3. 相場の流れに乗っていれば、多少の含み損も気にしない
  4. 流れに逆らってエントリーできる
  5. 動いている方向についていくのが好き
  6. トレードプランを考えるのが好き
  7. ポジティブ
  8. ネガティブ
  9. 人と仲良く同じことをするのが好き
  10. 人と同じことをするのが嫌い

 

あてはまる項目として、

1.3.5.7.9.が多い方→順張り思考

2.4.6.8.10.が多い方→逆張り思考

と言えます。(絶対ではありませんよ)

 

順張りはトレンドに乗ることで、利益を伸ばすスタイルです。

トレンド中の押しや戻しで、含み損が出るたびにポジションを手放していては、利益を出る損小利大トレードができません。

そのため、ダウ理論で言われているように、明確な転換シグナルが発生するまで、含み益が削られても相場の流れに乗って、ポジションを保有できることが大事になります。

 

逆張りはトレンド中でも、水平線やフィボナッチ、インジケーターなどをもとに、流れに逆らってポジションを持つため、含み損に耐えていては大きな損失を被ることがあります。

相場の流れと、逆のポジションを持つには、しっかりとした根拠をもとに、トレードプランを作り、利確や損切りの決済ポイントを確実に守る必要があります。

 

 

最後に

思考変えることは大変難しいです。

そのため、自分の思考が順張り、逆張りのどちら寄りなのか、どちらならできるのかを知る必要があります。

幼少期からの思考パターンや行動パターン、チャートを見ていて目につくのがトレンドなのか、レンジなのか、自分の性格や思考を把握してみてください。

 

私の場合、逆張りトレードを行います。

幼少期から、現在までの思考や性格などを振り返ると、

  • 団体行動ができない
  • 夏休みの宿題をせずに登校
  • 物事の裏付けがとれないと信じない
  • 悪いことから考える
  • いろんな事象を紐づけて考えることが好き

といった感じだったので、「価格が上昇している(皆が勝っている)のだから、買いポジションを持てば良い」とはなりませんでした 笑

そのため、逆張りを突き詰めたのです。

 

順張り思考なのに、逆張りトレードをしようとすると、「落ちるナイフをつかむ」恐怖を感じ、ストレスになります。

また逆張り思考の人が、順張りトレードをすると、「いつトレンドが反転するのか」を考えてしまい、含み益が削られたら、すぐにポジションを手放しがちです。

そうなると、トレードをしても利益を残すことができません。

 

今のトレードスタイルに違和感を感じるのであれば、反対のトレードを試してみるのも良いでしょう。

自分の思考に合ったトレードで、ストレスなく相場に向き合うことが、利益を出すための第一歩です。

カテゴリー

Copyright© moon FX/BO , 2018 All Rights Reserved.