FX/BO(バイナリーオプション)、相場の基本を理解しよう

moon FX/BO

取引結果 FX

ボリンジャーバンド2σと転換のローソク足で逆張りトレード

投稿日:

レンジでのボリンジャーバンド+2σを利用した逆張りトレードの解説をします。

 

 

ボリンジャーバンドの±2σ

価格がボリンジャーバンドの±2σ内にいる割合は、96%なので、逆張りに利用できると言われていますが、これは正規分布していることが前提です。

むしろ、ボリンジャーバンドの開発者であるジョン・ボリンジャー氏は「ボリンジャーバンドは順張りのツールであり、ブレイクしたら買う」という順張りを推奨しています。

安易なボリンジャーバンド±2σでの逆張りはおすすめしません。

 

今回、ボリンジャーバンドの+2σを利用して逆張りをしたのは、ボリンジャーバンドがスクイーズしてきたからです。

トレードの根拠となった15分のチャートを見てみましょう。

 

EUR/USD(ユーロ/ドル) 15分足

エントリーした赤色の⇩の1本前のローソク足を見ると、ボリンジャーバンドの+2σがレジスタンスとなり、価格の上昇が抑えられています。

意識ラインとなる緑色の水平線とも合致しているので、上昇は難しいと見えます。

 

実際のトレード

EUR/USD(ユーロ/ドル) 5分足/1分足

上側が5分足、下側が1分足チャートです。

 

エントリー(赤色の⇩):15分足のボリンジャーバンド+2σ、1分足のWトップ(水色のライン)合致

損切り:Wトップ上抜け

利確(赤色の✔):5分足の意識ライン(橙色の水平線

損切り3.5pips、利確10pips

リスクリワード 1:2.9

 

15分足でローソク足が、ボリンジャーバンドの+2σと意識ライン(緑色の水平線)に、上値を抑えられる。

5分足で転換のローソク足が出現。

1分足でWトップ(水色のライン)を形成し、ネック(水色の水平線)割れ。

1分足のMAで反発上昇したが、転換のローソク足となったので、売りエントリー(赤色の⇩)。

利確ポイント(橙色の水平線)まで下げる。

 

最後に

ボリンジャーバンドの±2σに価格が来たからと、逆張りしていては損切りになるだけです。

今回のように、転換のローソク足や意識ラインの合致があれば、逆張りする有効な根拠となります。

 

価格がボリンジャーバンドの±2σまで動いた場合、ブレイクしてトレンドとなるのか、反発してレジスタンスとなるのかを見極めることが重要です。

±2σ付近での価格の動きに注目して見てください。

 

相場の基本 ~転換のローソク足~

今日は、一番トレードに利用している転換のローソク足を紹介します。     転換のローソク足とは? 転換のローソク足とは、私が勝手に呼んでいるだけなのですが、基本的には上影陽線/陰線 ...

続きを見る

カテゴリー

Copyright© moon FX/BO , 2019 All Rights Reserved.