FX/BO(バイナリーオプション)、相場の基本を理解しよう

moon FX/BO

取引結果 BO

2019年8月28日 BO取引

投稿日:

今日は、チャートを見る時間がとれず、21時前のトレードとなりました。

21:30にアメリカの経済指標の発表が多いので、指標の影響を避けるため、トレードする時間は21時までと決めています。

そのため、今回は2回のトレードのみで取引終了としました。

 

 

NZD/JPY LOW取引

NZD/JPY(ニュージーランドドル/円) 5分足/1分足

5分足でWトップ(橙色のトレンドライン)が発生し、ネックライン(ピンク色の水平線)を下に抜けた。

ネックライン(ピンク色の水平線)と5分MA、1分MAが同じ価格帯。

1分足で、ネックライン(ピンク色の水平線)まで価格が上がったところで、Lowエントリー(赤色の⇩)。

判定時刻は、赤色のレがついているローソク足。

取引時間 20:35~20:44

 

エントリーした5分足のローソク足がコマ足だったので、売り買いが拮抗しているため、一度上に上がる可能性を考慮し、判定時刻を長くした。

相場の基本 ~トレンド転換のチャートパターン~

値動きを分かりやすくするチャートパターンには、Wトップ/Wボトムなど有名なものから、ソーサートップ/ソーサボトムなど、あまり知られていないものまであります。 チャートパターンはトレンド転換パターンとト ...

続きを見る

 

USD/CHF LOW取引

USD/CHF(ドル/スイスフラン) 5分足/1分足

5分足が下落トレンド中。

直近の下落にFib(フィボナッチ)を引く。

Fib 50.0(青色の水平線)と5分足の意識ライン(ピンク色の水平線)で長い上ヒゲの陽線が発生。

売りの勢いが強いと考える。

5分足の+2σまで価格が上がったところで、Lowエントリー(赤色の⇩)。

判定時刻は、赤色のレがついているローソク足。

取引時間 20:50~20:54

 

相場の基本 ~ローソク足の実体とヒゲ~

ローソク足は、ヒゲや実体の形によって、様々な名称で呼ばれています。 中には、「現在の値動きや今後の動きについて示唆する」と言われているローソク足もあり、相場参加者から注目されています。 今回は、チャー ...

続きを見る

 

最後に

チャートに現れる様々なサイン(チャートパターンやローソク足の形)から売り買いの強さを読み解くと、相場の動きが把握しやすくなります。

私は、意識ラインとローソク足の形を重視していますが、今回のようにWトップなどチャートパターンを利用するのも良いでしょう。

自分が見つけやすいものを、上手くトレードに取り入れてみてくださいね。

カテゴリー

Copyright© moon FX/BO , 2019 All Rights Reserved.