FX/BO(バイナリーオプション)、相場の基本を理解しよう

moon FX/BO

FXを知る 相場で生き残るための知恵

時間決済をしよう!

投稿日:

時間決済してますか?

時間決済を取り入れることで、利益率を改善することができるので、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

時間決済とは?

利確、損切りの価格だけでなく、節目の時間を決済に利用することを「時間決済」と言います。

 

具体的には、

  • 相場に影響を与える経済指標の発表前に利確、損切りポイントまで到達せず、決済
  • 土日で相場がクローズする前に利確、損切りポイントまで到達せず、決済
  • 東京時間に持ったポジションが、欧州オープン前に利確、損切りポイントまで到達せず、決済
  • 過去検証でポジションを長期保有すると、勝率が低下する場合、その前に決済

などが、上げられます。

 

このように、時間を意識するメリットを見ていきましょう。

 

時間決済のメリット

  • 経済指標や市場の特性により、相場の動きが変わる前にポジションを決済することで、損失を小さくできる
  • 相場がクローズしている土日のファンダメンタルズの影響を受けないですむ
  • 勝率が下がる前に決済することで、利益率を改善できる
  • 1ポジションのみでトレードする場合、長期保有による機会損失が減る
  • 長期保有によるメンタル崩壊を防げる

 

経済指標や市場の影響を受けないメリット

スキャルピングトレードをしている方は、相場に大きな影響を与える経済指標の発表前に決済すべきです。

理由は、経済指標が相場に影響を与えて、エントリーした時のテクニカル的優位性が失われる可能性が高いからです。

ポジションを保有していて、利確となる場合もあります。

しかし、相場で生き残ることを考えるのであれば、リスクを最小限にすべきです。

 

また、東京市場、欧州市場、NY市場で、相場に特徴があるのは、良く知られた話です。

市場が切り替わることで、エントリーの優位性が失われる場合、市場開始前にポジションを決済することは、有効な手段です。

 

市場の特性を、以下の記事にまとめているので、読んでみてください。

順張り、逆張りが有効な時間を知ろう!

 

市場クローズ前に決済するメリット

デイトレードの場合、土日で相場がクローズする前に、ポジションを決済することで、ファンダメンタルズの影響によるリスクを抑えられます。

また、土日の間は保有ポジションについて考える必要がなく、精神的負荷が少ないこともメリットと言えるでしょう。

 

勝率で時間決済するメリット

過去検証で時間経過とともに、勝率が下がるという結果であれば、勝率が下がる時間までに利確、損切りポイントに価格が到達しなかった場合、決済するのも有効です。

 

時間経過とともに、勝率が下がるということは、エントリー時の優位性が時間とともに失われるトレードスタイルということです。

逆に、時間経過とともに、勝率が上がるトレードスタイルもあります。

自分のトレードスタイルが、どちらなのかを把握し、意識的に時間決済を取り入れることで、勝率を上げることができます。

 

機会損失を防ぐメリット

資金が少なかったり、初心者の方は、同時に複数ポジションを保有せず、1ポジションのみでトレードをしていると思います。

スキャルピングやデイトレードをしているのに、最初のトレードプランで決めた決済ポイントまで、価格が到達しないからと、数時間、数日間ポジションを保有することは無駄です。

決めたポイントまで価格が到達しないということは、エントリー時の優位性が失われ、どちらに動くか分からない状況です。

そんな状況でポジションを保有していると、利確根拠を探すだけの「お祈りトレード」をしがちです。

そうなる前に時間決済することで、資金を失わずに、新たに優位性のある場面でトレードをすることができます。

 

メンタル崩壊を防ぐメリット

ほとんどの方は、兼業でトレードを始めると思います。

本業の収入は成果給ではなく、固定給や時間給でもらう方が多数でしょう。

時間給では1時間いくらの計算で収入を把握しますが、トレーダーは成果給です。

何時間、何日ポジションを保有しても、利確できないと収入は発生しません。

それだけ保有しても損失となることもあります。

 

時間給の概念を持ったまま、トレードをすると、ポジションを長期保有すればするほど、利確したい欲が高まります。

「時間=収入」だからです。

 

しかし、普段のトレードより、長い期間ポジションを保有するということは、エントリーの優位性が失われがちです。

そして、損切りとなった場合、「時間≠収入」となり、損失を取り戻し、利益を出そうと、根拠のないトレードをして、資金を失う悪循環に陥りやすくなります。

こういったメンタル崩壊トレードをする前に、時間決済することで、次のトレードに気持ちを切り替えて、コツコツドカンを防ぐことができます。

 

 

時間決済のデメリット

  • 時間決済注文できるFX会社が少ない
  • 使用するFX会社に時間決済注文がない場合、アラームなどをかけて手動で行う必要がある

 

時間決済注文ができる有名なFX会社は、以下の4社です。

 

外為どっとコム

https://www.gaitame.com/help/stage/order/settlement/time_web.html

時間成行決済注文:指定日のオープン/クローズのどちらかでポジションを決済する

時間指定ストップ注文:指定した指値/逆指値に達しなかった場合、指定日時にポジションを決済する

 

JFX

https://www.jfx.co.jp/pdf/mt_net/net_a10.pdf

時間指定成行注文:指定した日時にポジションを決済する

時間指定指値/逆指:指定した指値/逆指値に達しなかった場合、指定日時にポジションを決済する

 

ヒロセ通商

http://hirose-fx.co.jp/category/order/09.html

時間指定成行注文:指定した日時にポジションを決済する

時間指定指値/逆指値注文:指定した指値/逆指値に達しなかった場合、指定日時にポジションを決済する

時間指定全決済注文:複数のポジションを、指定した日時に全て決済する

 

みんなのFX(トレイダーズ証券)

https://min-fx.jp/fx/service/outline/

時間成行:詳細不明

詳細は分かりませんが、機能はあるようです(リンク参照)。

 

海外FX会社は利用していないため、把握していません。

時間決済を利用したい場合、利用しているFX会社の機能を確認してみてくださいね。

 

使用しているFX会社が時間決済注文できない場合、メールやアラート機能を利用し、手動決済する必要があります。

 

最後に

初心者の方は、ぜひ時間決済を取り入れてください。

時間決済を取り入れることで、微益微損でポジションを決済し、資金を失うことなく、新たに優位性が高い場面でトレードができるようになります。

また、ポジションの長期保有によるメンタル崩壊もなくなり、コツコツドカンを防いで、安定したトレードを行えます。

私自身も、時間決済を取り入れることで、劇的に損益が改善されました。

 

時間決済の方法は、色々あります。

FX会社の時間決済注文を利用したり、メールやアラート機能を利用するのも有効です。

私は、利用しているFX会社が時間決済注文できなかったので、タイマーで保有時間制限をしていました。

自分自身に合う方法で、取り入れてみてくださいね。

カテゴリー

Copyright© moon FX/BO , 2018 All Rights Reserved.